絵本・図書・雑誌 育児

親と子供の図書館利用のすすめ・幼児編

更新日:

親と子供の図書館利用のすすめ・幼児編

先日、2歳の子供と偶然図書館に行くことがありました。普段は家から遠いこともあり、図書館とはそれほど縁がありませんでした。

しかし、行ってみると親と子供、両者にとって新しい発見があったのでここで紹介します。

子供はもうすぐ3歳になろうとしていますが、まだ図書館で絵本を借りたりするのは危険だと親が判断していました。というのは、家で購入した絵本を破ったりすることが今まで日常茶飯事だったので、図書館で絵本を借りるのはもっと先の話だろうと考えていたのです。

先日、図書館に行った時に、折角だから子供の絵本コーナーをのぞいて見ると、あるある、絵本だらけ。ミッフィー(うさこちゃん)シリーズやこぐまちゃんシリーズ、ノンタンシリーズなど、また、初めて見る興味深い絵本など、遠くからでも気がつくほどの絵本の数でした。

そう、絵本に関しては特に予約しなくてもたくさんあるのです。これを見て親の方が盛り上がってしまい、「これも借りてみよう、あれも借りてみよう」なんて言いながら、絵本を6冊ほど借りてしまいました。

 

スポンサーリンク

子供は既に本を破らなくなっていた

家で子供に「この絵本は図書館から借りている絵本なので破ったり、汚したりしてはあかんよ」というと、子供はあっさり理解しました。

これは図書館に一緒に行っていたのも大きいと思いますが、子供は既に本を破らない年齢になったということに、親は気が付いていなかったのです。

というよりも、破っても大丈夫なものと破っては行けないものの区別が出来るようになっていたという感じでしょうか。子供がこんなに成長していたなんて気が付きませんでした。

毎日子供を見ていると、特に変わっていないという錯覚をします。まだまだ何事も嫌がったりしているのもあるかもしれませんが、実は、本を破ったり、食べたり、かじったりする年齢を既に卒業していたのです。これは迂闊でした。

そういう子供の成長を、偶然図書館に行き、絵本を借りたことで知ったのです。

 

親と子供の図書館利用のすすめ・幼児編

また、親も絵本は買うものだという思いが強かったのもあります。新しい本は綺麗ですからね。しかし、上のように一度図書館で本を借りてしまうと、そういうことはどうでもよくなってしまいました(笑)。

それよりも、子供にたくさんの絵本を読ませる方がイイに決まってますからね。しかも、たくさん借りられる。

我が家は「この絵本はどうだろう」と書店で悩み、結局買わなかったりすることが何度もありました。それが図書館では、そんな悩みは必要なし。

これも借りてみよう、あれも借りてみようという勢いが出ます。そういう流れで6冊も借りたのです。

次回図書館に行くときはもっと絵本を借りてみようと思います。外国の絵本や高額な絵本も遠慮なく選べますし。また、親も高いレシピ本や育児関係の本なども気軽に借りれるのがイイですね。

 

スポンサーリンク

最後に

もうすぐ3歳になろうとする時期は、どんどん本を読んであげたり、また子供自身が読んだりし始める時期。脳が急激に発達しているのを感じます。絵本を読むことで親と子が一体になれるのもありますしね。

もっと先だろうと思われている方、一度図書館に子供と一緒に行ってみて下さい。新たな発見があるかもしれませんよ。

【関連】幼稚園の先生から聞いた2歳~3歳児の絵本の選び方で重要な事2つ

【関連】幼稚園の先生の「絵本の選び方」から、2・3歳児オススメ絵本を選んでみました

【関連】0~1歳児の幼児にオススメする読み聞かせ人気絵本5冊

【関連】1~2歳児の幼児にオススメする読み聞かせ人気絵本5冊

【関連】充実の「絵本・児童書コーナー」がある大阪の書店を3つ紹介します

【関連】大人も楽しめる絵本「バムとケロ」の魅力を語る

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-絵本・図書・雑誌, 育児

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.