「育児の悩みと解決法」 一覧

育児情報サイト

パパママ必見!子育てに役立つ育児情報サイト4つ+αを紹介

育児情報サイトというのはたくさんあります。育児の悩みからイベントの紹介、最新育児グッズなど、一度にわかったりするので助かってます。しかし、情報サイトがありすぎてどれを見たらいいのかわかりません。 今回 ...

外出時、抱っこばかりになる子供が自ら歩けるようになる方法

外出時、抱っこばかり言う子供が自ら歩けるようになる方法

我が家はもうすぐ3歳になる子供がいます。今までできるだけ抱っこと言われれば、してあげるようにしていました。しかし最近、どんどん子供の体重がアップしていることもあり、抱っこが厳しくなってきました。腰が痛 ...

スポンサーリンク
子供の歯磨き・仕上げ磨き

すくすく子育て・歯磨き特集の方法で仕上げ磨きをしたら成功!

子供の歯磨き、特に仕上げ磨きが上手くいかずに毎日大変…;;。以前「歯磨きの仕上げ磨きを嫌がる子供への対応。視覚の重要性」という記事で、虫歯になったらいかに怖いものであるかということを絵本で具体的に見せ ...

イヤイヤ期の子供

[イヤイヤ期]子供が着替えやオムツ交換を嫌がる時に使う魔法の言葉

子供が3歳に近づくにつれて、一時期のピークは過ぎたもの相変わらずイヤイヤ期(第1次反抗期)が続いております。本当に毎日が大変ですね。 そんな中、子供が着替えやオムツ交換を嫌がる時の対応が、我が家では出 ...

育脳ベビモ

子育ての目的とは?ヨコミネ式教育法という考え方が面白い

ヨコミネ式という教育法があります。僕は「育脳ベビモ」というMOOKを読んで知りました。子供が3歳になろうとするこの時期に、ピタリとはまる内容だったので興味深く読みました。 このヨコミネ式教育法「子育て ...

スポンサーリンク
おもちゃで遊ぶ子供

おもちゃ嫌いの子供には、工夫が必要だという話

以前「おもちゃ嫌いな2歳児の子供が遊ぶ数少ないおもちゃ5つ」という記事で、2歳の子供がおもちゃ嫌いであるという記事を書いていきました。 しかし、それから約1年経ち、それは少し違うなと感じるようになりま ...

1歳児に本棚の本や雑誌を引き出されないようする方法

以前、子供が家の扉や引出しを開けて、中の物を出したりする行為に対し、親は叱る前に鍵を設置して置こうということを書きました。 それの続きの話になります。今回は1歳児が本や雑誌を引き出しはじめました。それ ...

イヤイヤ期対処法

我が家のイヤイヤ期対処法。子供との接し方を3つ紹介するよ

子供のイヤイヤ期(第1次反抗期)には何度もへこたれそうになりますね。その都度なんとかギリギリですが、乗り越えてきています。 以前「2~3歳児のイヤイヤ期の対応は、ちょっとした工夫で乗り越えよう」でも我 ...

スポンサーリンク
イヤイヤ期の対応

2歳児のイヤイヤ期の食事・うがい・手洗いは、ちょっとした工夫で乗り越えよう

イヤイヤ期(第1次反抗期)、2~3歳という時期は親にとっては本当に厳しい時期です。これまでにない試練の時と言えるでしょう。我が家もそうです。 現在子供は2歳9ヶ月、以前よりはマシになってきてはいますが ...

絵本「すきすきはみがき」

歯磨きの仕上げ磨きを嫌がる子供への対応。視覚の重要性

子供の歯が生え始めてから、歯磨きと仕上げ磨きを毎日欠かさず続けています。しかし、先月の2歳7ヶ月まではずっと仕上げ磨きを嫌がってきました。もうすぐ3歳になるのに子供が嫌がり続けるのは、間違いなく我が家 ...

エジソン(EDISON)初めて持つお箸(ピンク)を持ってご飯を食べる娘

【2歳児】この方法で変わりつつあり。何度も物を投げる子供への対応。経過報告

子供はもうすぐ2歳8ヶ月になります。イヤイヤ期(第1次反抗期)真っ只中です。その中で一番大変なのが”物を投げること”です。子供が投げる物とは、スプーン、フォーク、お茶碗、おもちゃなど様々な物を投げてき ...

子供の昼寝法則

2歳以上の子供の昼寝は何時に何時間が最適か?

2歳以上の子供(幼児)になると体力がついてくるので、昼寝の時間がどんどん遅くなりがちです。午前中に体力を使った遊び、運動をしなければ、ますます昼寝をしなくなってしまいます。 そうなると夕方の4時や5時 ...

子供と風船

2~3歳の子供から「あの風船が欲しい!」と言われた時の対処法2つ

子供がデパートやスーパーで「あの風船が欲しい!」と言った時の対処法を紹介します。しかし、子供ってなぜあんなに風船が好きなのでしょうね。

子育て母親

妻は夫に子育ての大変さを伝えることが重要。夫婦間の協力

子育ての大変さ、難しさを説明することは難しいですね。特に子育てをしたことが無い人や夫などの子育ての時間が短い人に説明するのは尚更です。 それをどう伝えるか、僕なりに考えてみたのでそれを紹介します。

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.