北欧雑貨・低価格雑貨 雑貨

雑貨店ボンボンホームはフランフラン&イトーヨーカ堂コラボ

更新日:

ボンボンホーム・イトーヨーカ堂
出典:ボンボンホーム

イトーヨーカ堂」のセブン&アイと雑貨店「フランフラン(Francfranc)」のバルスが共同開発して、インテリア雑貨店を出店することがわかりました。

インテリア雑貨店の名称は「BON BON HOME(ボンボンホーム)」。「イトーヨーカ堂」やショッピングセンター「アリオ」店内に出店することがわかりました。

3年間で100店舗出店するそうです。現在わかっていることを中心にご紹介します。

スポンサーリンク

インテリア雑貨店「BON BON HOME(ボンボンホーム)」とは?

ボンボンホーム・イトーヨーカ堂
出典:ボンボンホーム

イトーヨーカ堂店内に続々オープンするようです。フランフランと共同開発しているので、デザイン性がある雑貨が集まりそうです。

フランフランは女性向きなシンプル雑貨ですが、ボンボンホームは家族客が好きなデザインに。今の所、商品が発表されてはいませんが期待したいですね。

気になる値段は「イトーヨーカ堂よりは高くて、フランフランよりは安い」のだそう。下がその一例です

 

マグカップの価格一例

  • イトーヨーカ堂:300円~1,000円
  • ボンボンホーム:400円~1,450円
  • フランフラン:740円~1,300円

 

バスタオルの価格一例

  • イトーヨーカ堂:500円~2,000円
  • ボンボンホーム:1,700円~2,400円
  • フランフラン:2,440円~3,500円

マグカップとバスタオルの料金一例を見ると代替値段のイメージが出来ますね。あとは雑貨のデザインや質次第ですが。

販売はイトーヨーカ堂の従業員が担当されるようです。これはまるでアピタ内で販売している「ラガハウス」と同じ形式ですね。

【関連】北欧雑貨ラガハウスについに行ってきたよ。店内を紹介します。

 

スポンサーリンク

最後に

イトーヨーカ堂×フランフラン共同開発のインテリア雑貨店「ボンボンホーム」についてご紹介しました。商品は約3000品目になるのだそうです。

フランフランのバルスはセブン&アイから48.67%の出資を受けているから実現したんですね。家族客をターゲットにしているので、個人的に期待しています。

イトーヨーカ堂、ショッピングセンター「アリオ」、インターネット通販でも展開していく予定です。早く商品が見てみたい!

まずは「イトーヨーカ堂・木場店」に1号店が2月27日(金)オープン。

4月8日に2号店「イトーヨーカドー・ららぽーと横浜店」、4月10日に3号店「イトーヨーカドー津田沼店」がオープンしました。

原宿の竹下通り期間限定ショップがオープン!下の記事に詳しく紹介しています▼

【関連】雑貨店ボンボンホーム原宿店が竹下通りに期間限定でオープン

【関連】雑貨店ムイムーチョってどういう意味?原宿店のアクセスも

【関連】北欧雑貨ラガハウスについに行ってきたよ。店内を紹介します。

【関連】フライングタイガーコペンハーゲン全記事&全店舗まとめ

【関連】イオンモール京都桂川店のオーサムストアで雑貨散策

スポンサーリンク

-北欧雑貨・低価格雑貨, 雑貨
-

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 All Rights Reserved.