子供の安全対策 育児

子供用自転車の選び方と駒なし(補助輪を外しての)練習方法

更新日:

子供用自転車に乗る幼児

子供(もうすぐ4歳)が自転車に興味を持ち始めています。もう一年は三輪車で行こうとは思いますが、自転車を買う時のために「自転車の選び方」を知っておこうかなと。

自転車は命を預ける乗り物です。慎重に選びたいので勉強も兼ねて調べてみました。

スポンサーリンク

幼児向け自転車の選び方

子供用自転車に乗る幼児

自転車の選び方に関する新聞の記事をストックしていたのを発見。その記事にしたがってまとめていきます。

  • 初めて自転車に乗る幼児には、サドルにまたがって両足のかかとが地面につく高さにする
  • ブレーキをかける時、ブレーキレバーに指が届くようにする。しっかり握れるまで確認
  • 前輪と後輪の間にあるホイールベースが長すぎると前傾姿勢になりがちなので注意
  • 乗りづらいと感じたら買い替えの時期
  • 大き目の自転車を買うのは危険
  • メンテナンスが必要。近くの自転車屋での購入がおすすめ
    参考:プロが教える「子供用自転車」の選び方 体格に合った一台を(SankeiBiz)

初めて乗る場合は特に体にあった自転車を選ぶ必要があります。

大きくなった時のためにワンサイズ大き目の自転車を買いがちですが、それは危険。子供の安全を第一に考えましょうということですね。

「自転車のサイズと子供の適正身長・年齢の目安」については下の記事を参考にしてください▼
参考:ブリヂストンのキッズサイクル

BAA(自転車協会制定)マーク」というのがあります。それは自転車の安全基準に適合した、環境にやさしい部材を使用した自転車のことです。

 

スポンサーリンク

駒なし自転車で(補助輪を外して)走行する時の練習方法

駒なし自転車に乗る幼児

駒なし自転車はバランスを保たないと倒れてしまうという事を子供に意識させることが重要です。練習方法について調べてみました。ステップは1~3まであります。

 

ステップ1

  1. ハンドルを持って押して歩く
  2. 次にサドルにまたがる
  3. サドルにまたがったまま歩く

幼児向けのペダル無し自転車を普段使われている方は覚えが早そうです。

 

ステップ2

  1. 両足同時に地面を蹴って前進
  2. なれてきたら1・2・3とリズムを取り3の所で大きくける練習
  3. 3で蹴れたら、両足を前に出して前進する

バランスよくあるけるようになったら地面を蹴り、足を上げる練習をしましょう。レベル2はペダルを外す方が覚えが早くなるそうです。

確かにペダルがあるとついつい足を置いてしまいそうですからね。

 

ステップ3

  1. 右ペダルだけを付けて、片足でこぐ練習。左足は地面を蹴って勢いを
  2. 勢いが出たらブレーキの練習。保護者が後ろで支えましょう
  3. 最後に左のペダルも付けて、交互にペダルを踏む練習

レベル3になるとペダルを付けての練習になります。怖くてもペダルに足をのせるようにします。ペダルばかり見ると、前方不注意になるので親が見てあげましょう。

乗れるようになるのと同時にブレーキの重要性も教えるのが大事だそうです。

 

最後に

子供(幼児)の自転車の選び方と駒なし自転車の練習方法をご紹介しました。

上の方法で自転車選びや練習方法を試してみてください。もし練習しても上達しない時は、自転車を一日でマスターできる教室もあるので参加してみましょう。

自転車事故で一番多いのが「飛び出し」です。交通ルールを教えることも重要ですね。

道路交通法では13歳未満の子供にはヘルメットの着用が義務付けられているのでヘルメットの購入もお忘れなく。

 

【関連】超オシャレな子供用自転車ヘルメットを集めてみたよ

【関連】ナットケースの子供用自転車ヘルメット、シミミニドッツを購入

【関連】人気の自転車保険、各社の特徴や補償について比較してみたよ

【関連】コープ共済の医療保険「たすけあいコース」に加入した感想

【関連】子供乗せ電動アシスト自転車の主流~バッテリー・インチなど

【関連】ブリヂストン子供乗せ電動アシスト自転車「ビッケ2e」2016購入

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを
スポンサーリンク

-子供の安全対策, 育児
-

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.