子供とお出かけ 関東のお出かけ

アクアパーク品川に行ってきたよ、イルカショーに感動

更新日:

「アクアパーク品川」イルカのジャンプシーン

東京旅行の最終日、午前中時間が余っていたので水族館「アクアパーク品川」に行ってきました。

割引料金で入場する方法についていくつか書いています。詳しくは下の記事を読んでみて下さい▼

【関連】アクアパーク品川のお得なチケットや割引クーポンまとめ

品川駅から新幹線に乗るのは昼すぎなので、午前中時間が余っています。品川駅からすぐ近くにあるので、とても便利でしたよ。

「アクアパーク品川」の行き方(アクセス)や水族館の内容、イルカショーについてご紹介します。

スポンサーリンク

「アクアパーク品川」の行き方(アクセス)

  • 東京都港区高輪4-40-30(品川プリンスホテル内)
  • 電話番号:03-5421-1111
  • 営業時間:10時~22時(時期によって異なる)

車の場合(駐車場)

「品川プリンスホテル」内に「アクアパーク品川」があります。この駐車所を利用できますが、高いです。

  • 駐車料金:30分毎に500円

ただし、「アクアパーク品川」の入場やお土産購入、「品川プリンスホテル」内を利用すると、5,000円以上で3時間無料になります。

証印は必ず1階のチケットセンターかインフォメーションセンターでしてください。

駐車場には限りがあります。混雑していることもあるので電車で行くのをオススメします。

 

電車の場合

  • 最寄駅:「品川駅」の高輪口から徒歩2分
  • 地下鉄浅草線「高輪台駅」から徒歩10分

品川駅はJR山手線や横須賀線、京急本線などが来ることができます。また、我が家のように新幹線の乗車前に時間があれば、立ち寄ることも可能ですよ。

 

品川駅から「アクアパーク品川」に徒歩での行く方法

品川駅前、WING高輪

品川駅改札を出て左側の高輪口方面に行きます。すると信号があり、その前に「ウイング高輪(Wing高輪)」が見えます。その中を直進しましょう(上の写真参照)。

 

「品川プリンスホテル」

ウイング高輪の中を通って反対側に行くと、「品川プリンスホテル」が見えます。その右側に上り坂があるので、そちらを少し上りましょう。

 

アクアパーク品川

少し坂を上ると「アクアパーク品川」に到着です。徒歩3~5分ぐらい。実はこの行き方を知っていれば、あっという間に到着するのですが、僕は知らなかったので、少しプリンスホテル周辺をさまよってしまいました。

結局、駐車場の担当の方に聞いてみると、こんなに近かったということです。案内図が見当たらないので、知らなかったら迷ってしまうので、上のように行ってください。

 

スポンサーリンク

「アクアパーク品川」のコインロッカー

「アクアパーク品川」コインロッカー

今回我が家は新幹線に乗車する前に「アクアパーク品川」に立ち寄りました。

品川駅周辺のコインロッカーを探し歩きましたが、残念ながらすべて埋まっていて、荷物を預けることができず。仕方なくスーツケースを持ったまま「アクアパーク品川」まで行くことになりました。

館内にコインロッカーがなければどうしようかなと思いましたが、ありましたよ。入口すぐ前にエレベーターがあります。その左横にコインロッカーがあります

大人用のスーツケースと子供用のスーツケース、館内は暑かったのでコートもまとめて預けることができました。大きい方のコインロッカーに入れ、料金は500円。

 

スポンサーリンク

「アクアパーク品川」に行ってきた感想・口コミ

「アクアパーク品川」ポートオブパイレーツ

チケットを見せ入館すると、まず目の前に「ポートオブパイレーツ」という乗り物がありました。

アクアパークって遊園地も兼ねてることに驚きです。別途500円いります。

 

「アクアパーク品川」ドルフィンパーティのメリーゴーランドに乗る娘

続いて「ドルフィンパーティ」というメリーゴーランド。水族館だと思いこんでいたので、二重の驚きです。

これを見たら、「子供が乗りたい」と言うに決まってます。結果乗せることに……。とてもカメラ目線なアザラシですね。

ドルフィンパーティーも別途500円かかりますが、大人は幼児を支えるだけなら料金はかからなかったので、子供の料金だけでした。

これが続くと財布の中がなくなりそうと心配になりますが、乗り物はこの2つだけでした。ホッ。

 

アクアパーク品川のフォトカード引換券

記念撮影もできます。これまた別途料金がかかりますが、画像データ付きなので、いい表情だったら買いだと思います。

「フォトカード引換券」を持って、写真を確認しに行きましょう。

 

アクアパーク品川、生き物(タコ)が指の動きに反応する

水槽の中のポリゴンのタコを指でなぞると、一緒に動いてくれます。ひと昔前のゲームのようなタコですね。

 

「アクアパーク品川」水槽と魚

やっと水族館らしい魚に出会えました。熱帯魚率が高し。

 

「アクアパーク品川」クラゲ

「ジェリーフィッシュランブル」というエリア。部屋を暗くすることで、クラゲの動きがわかりやすい。結構大きな部屋でした。

 

「アクアパーク品川」カクレクマノミ

2階に上がると水槽が連続しています。カクレクマノミを見て、子供が「ニモ、ニモ」と連呼。

 

「アクアパーク品川」人懐っこい魚

人懐っこい魚。人を見ると近づいてきます。娘も興味津々。

 

「アクアパーク品川」海中トンネルのような水槽

半円状に海中を歩いているかと思わせる水槽。トンネルのようになっています。

混雑しているのは、イルカショーの直後だったから。普段はもっとすいています。

 

「アクアパーク品川」エイを下から見たところ

水槽が上にあるので、このようにエイやサメなどを下から見ることができます。小魚がエイに食べられる瞬間を目撃。

 

「アクアパーク品川」上を向いて眠るアザラシ

別フロアーにはアザラシの姿も。上を向いて寝てます。なんて器用な寝方。

 

「アクアパーク品川」海中を泳ぐペンギン

海中を泳ぐペンギン。水中では速いですね。

 

野外広場フレンドリースクエアのイベント

「アクアパーク品川」フレンドリースクエアイベントスケジュール

毎日、時間ごとにアシカ、オットセイ、ペンギンが登場するイベントがあります。場所は野外広場フレンドリースクエア。

上のように30分ごとに登場し、目の前で実物を見たりすることができます。写真はその日のスケジュール一覧です。

 

「アクアパーク品川」フレンドリースクエアのアシカ

このように野外エリアでアシカやオットセイのショーを見ることができます。

我が家が行った時は鳥インフルエンザの予防のため、ペンギン散歩が急遽キャンセルされ、オットセイとアシカになっていました。

 

メインイベントはやはりイルカショー

「アクアパーク品川」イルカショーのスタジアム

2階中央に「ザ・スタジアム」という場所でイルカショーがあります。大きな場所で丁度休憩と席取りを兼ねて座りました。

ドルフィンパフォーマンスは1日に4回ほどあります。これだけは絶対に見てくださいね。

参考:イベントスケジュール(アクアパーク品川)

写真左側の水路からイルカは登場します。

 

「アクアパーク品川」イルカショー水と光の演出

始まりました。中央から水と光の演出が素晴らしい!

 

「アクアパーク品川」イルカのジャンプシーン

イルカ2匹のジャンプ。本当に揃っています。

 

「アクアパーク品川」イルカショー、ジャンプと着水

イルカのジャンプ。円になっていてどこの座席でも同じように見られますよ。

 

「アクアパーク品川」イルカの上に乗って登場

今度はイルカの上に乗って登場。一周回ります。迫力の25分間でした。

 

イルカのジャンプが水面にあたり、前3列ほどが水に濡れるので注意しましょう。一箇所4列目あたりまで水が行っていました。

前3列は年パス保持者の常連さん、レインコートの準備は抜かりなしです。丁度いった時が冬休みだったのもり、小中学生が前を独占していましたよ(笑)。

イルカショーの所要時間は20〜25分ぐらいだったと思います。ウチの場合、待っている時間の方が長かったですね。中央に位置するので、座って休憩し待つことができました。

始まるとあっという間の25分間。イルカの数が多くて、そして全員が揃っていて見ごたえのあるドルフィンパフォーマンスでした。

イルカはカマイルカ、バンドウイルカ、そしてオキゴンドウという鯨がいましたよ。スタッフが話すのは最小限で、パフォーマンスが中心でした。

これを見ることで元は取れたなという感じです(笑)。時間があればもう一回見たいぐらいです。

 

まとめ

アクアパーク品川で購入した「電動おすべりペンギン」

品川駅すぐにある水族館「アクアパーク品川」のアクセス、駅からの行き方、アトラクション、水族館の様子、そしてイルカショーについてご紹介しました。

イルカショーは30分ほどですが、全エリアを見ると所要時間は2〜3時間ですね。

水族館もありますが、遊園地も兼ねた施設です。その関係か多少中途半端な感じがありますが、イルカパフォーマンスは見ごたえありですよ。

入場料がちょっと高いかなと思いましたが、イルカショーを見た事で大満足です。乗り物はメリーゴーランドだけで抑えられたので良かったです。アトラクションの別料金は高いですね。

新幹線も停車する品川駅からすぐ近くにあるので、その点は便利で、子供の遊びたい度を満足できたのかなと思います。

最後にミュージアムショップでなぜが幼児達に大人気だった「電動おすべりペンギン」を買って帰りました。ペンギンがエスカレーターを上って坂を滑り降りるおもちゃです。その時の勢いで買わされました(苦笑)。

【関連】アクアパーク品川のお得なチケットや割引クーポンまとめ

【関連】[東京]雨でもOK!子供と楽しめる室内遊び場3つ

スポンサーリンク

-子供とお出かけ, 関東のお出かけ
-, ,

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.