育児 赤ちゃん・子供用品

アップリカのハイローベッド&チェアは今でも現役で活躍中!

更新日:

apprica-bed-chair001

子供が生まれてすぐ揃えたものの一つに、アップリカの「ハイローベッド&チェア」があります。(厳密に言うとお願いして買っていただきました。)

ハイローベッド&チェアとは、高さの調節ができ、ベッドにもイスにもなるベッド&チェアのことです。名前そのままですね(笑)。

「ハイローベッド&チェア」は子供が生まれた直後から大活躍。そして現在でも2歳9か月の子供に無くてはならないものの一つです。どれだけ使われているのかも含め、ベッド&チェアの魅力を紹介します。

スポンサーリンク

ハイローベッド&チェアの仕組み

ハイローベッド&チェア正面から

アップリカのハイローベッド&チェア
テーブルを取り外外すことができます。子供を座らせたら、再度テーブルを取り付けています。

ベルトは3段階で固定可能。現在2歳9か月の子供はベルトはしていません。0歳から2歳ぐらいまではベルトをしていました。

 

ハイローベッド&チェア横から

アップリカのハイローベッド&チェア
タイヤが4箇所。前輪だけ自由に動かせます。後輪は前後だけ。また後輪にはロックをかけることができます。

高さの調整が可能。好みの高さに合わせることが出来ます。現在は我が家のテーブルの高さに合わせています。

 

ハイローベッド&チェア背面から

アップリカのハイローベッド&チェア
2箇所、肌色のレバーがあります。上は角度調節です。生まれてすぐのベビーにはほとんど寝かせた状態。少し大きくなると角度を変え、食事の時だけ起こしたり、眠る時だけ寝させたりと自由に変更できます。

また、下のレバーは乳児の時にだけに使うもので、ゆりかごのような動きをすることが可能です。このレバーを右にすると、ベッド&チェアの上部だけが前後にゆれる仕組みになっています。我が家はこのゆりかご機能は使いませんでした。揺れ方が独特なんで。

 

スポンサーリンク

ハイローベッド&チェアの活躍

生後3ヶ月

アップリカのハイローベッド&チェア
生後3ヶ月の写真です。基本的にベッドにいますが、それ以外はこのベッド&チェアにいました。角度は一番寝させている状態です。

 

生後4ヶ月

アップリカのハイローベッド&チェア
生後4ヶ月。横から見るとこんな感じです。高さはその時に合わせて調節。

 

生後10ヶ月

アップリカのハイローベッド&チェア
生後10ヶ月。完全に座ってます。ベルトで固定してます。テーブルをしていないときは、隙間を埋めるものがついています。

 

現在(テーブルを付けた状態)

アップリカのハイローベッド&チェア
現在の写真です。テーブルに座って食事中。朝食です。ベルトはしていません。

左側が汚れているのは、最終的に手で食べてしまうからです。すぐあの場所をつかむので汚れてしまいます。カバーは取り外して洗濯することができます。

 

現在(テーブル取り外した状態)

アップリカのハイローベッド&チェア
ベッド&チェアのテーブルを外して、親が食べているテーブルで食べた時の様子です。どちらでも食べることができます。

ただし我が家のテーブルは円なのでちょっと食べにくいようです。

 

最後に

生後すぐから現在まで長期間活躍してくれている「ハイローベッド&チェア」を紹介しました。魅力が伝わったでしょうか。畳なら低く、テーブルなら高くと簡単に高さ調節もできるので便利ですよ。

生後すぐから活躍した理由の一つとして、ベビーバスからあがった子供が、真っ先に来る場所がこのベッド&チェアでした。予めベッド&チェアにバスタオルをセットしておいて、風呂上りに、ここに寝かせると簡単に子供を拭くことができました。風呂上りから着替えまでがこれで簡単にできました。

アップリカのページを見ていると今でも、外側のカバーは変わっても基本的に変更はありませんね。マイナーチェンジぐらいで。ゆりかごは電動スイングもあるようです。その点で値段がかわってくるようです。

ハイローベッド&チェアは4歳まで使えるようです。もし興味がある時は、一度お店に行かれて、実際に見に行ってみてはいかがでしょうか。

追記:赤ちゃんの揺らしすぎは良くないというのもあり、バウンサー機能は使用していません。何度か試しましたがバウンサーでは寝ないと思っていた方がいいと思います。

 

スポンサーリンク

-育児, 赤ちゃん・子供用品

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.