兵庫・神戸のお出かけ 子供とお出かけ 関西のお出かけ

明石公園のアクセス・駐車場、遊具「子どもの村」で遊んできたよ

更新日:

明石公園「子どもの村」木製遊具滑り台

家族で日帰り観光がてら「明石公園」の遊具で遊んできました。公園内には複数の広場があります。①芝生広場、②子供の広場、③仲よし広場、④子どもの村。

その中でも一番のオススメは一番遠くにある「子どもの村」です。木製遊具や長い滑り台、きりんのブランコなどがあるので、わざわざ行く価値ありますよ。

明石公園のアクセス、駐車場、地図、子供が遊べる遊具を中心にご紹介します。

スポンサーリンク

明石公園のアクセス・駐車場

  • 住所:兵庫県明石市明石公園1-27
  • 電話:078-912-7600

明石公園はJR明石駅と山陽明石駅の目の前にあるので、誰も迷わずに行くことができます。ただ、明石公園内が広いので、テニスコートや遊具がある「子どもの村」までは遠いです。

野球場や陸上競技場は比較的近くにありました。中には明石城もあるので、観光や景色を楽しみながら歩くことができますよ。

電車の場合

  • JR明石駅:徒歩5分
  • 山陽明石駅:徒歩5分

明石公園前の堀

JR・山陽明石駅前に明石公園の堀が見えています。駅を出て左に進むと入口があります。

 

車の場合(駐車場)

  • P1協会駐車場:普通車366台
  • P2県営駐車場:普通車134台

P1は駅に近い野球場の前にありますが収容台数が少ないのですぐ満車になります。P2は遠いのですが、テニスコートやオススメの「子どもの村」から近くにあります。

P1駐車場料金

  • 1時間毎:200円
  • 最大料金:600円(平日)、800円(土日祝)

P2駐車場料金

  • 30分未満:無料
  • 5時間まで:510円
  • 5時間以降1時間ごとに:100円追加
  • 最大料金:1000円

収容台数や場所、最大料金が異なるので注意してください。

 

スポンサーリンク

明石公園の遊具広場で遊んできました

明石公園の遊具や芝生広場マップ

明石公園入口にあった地図がわかりやすかったので、これを使って公園内を歩いてきました。

①芝生広場、②子供の広場、③仲よし広場、④子どもの村と子供が遊べる場所はいくつかあります。

中には野球場や陸上競技場、ボート池、テニスコートもありました。アナウンスが聞こえてくるぐらい本格的なスタジアムです。

それぞれの場所については上の地図で確認してください。右側がJR・山陽明石駅。

参考:明石ふれあいマップ

 

1.西芝生広場

明石公園の明石城と芝生広場

明石公園に入るとまず目にするのが明石城。天守閣は無くて櫓と天守台だけです。写真の櫓は左が坤櫓(ひつじさるやぐら)、右は巽櫓(やぐら)。この両櫓がこの明石公園の特徴です。

その丁度前に西芝生広場があります。広大な芝生になっています。

 

2.子供の広場

「明石公園」こども広場の遊具

芝生公園のすぐ左側に「こども広場」があります。少しだけですが遊具があります。

サイトでは長い滑り台があることになっていますが、実際行ってみるとありませんでした。後で紹介する「子どもの村」に移したのかもしれません。

 

「明石公園」こども広場の遊具、石の滑り台

石の滑り台がありますが、ザラザラなので滑るとズボンがボロボロになります。どうしても滑りたい時は段ボールなどを下に敷きましょう。

 

「明石公園」こども広場の遊具

上り坂は持ち手があるのでそこから上ります。階段もありました。

 

「明石公園」こども広場の遊具

トンネル付の橋もあります。このあたりはベンチが多かったです。

 

「明石公園」こども広場の遊具、動物の乗り物

動物の乗り物が4つほどありました。先ほどの芝生公園と両櫓がすぐ前にあるのがよくわかります。

 

3.仲よし広場

「仲よし広場」は広場だけ、ボール遊びをしている家族がいました。

 

4.子どもの村

明石公園の遊具でメインとなるのが、駅から一番遠い場所にある「子どもの村」です。長い滑り台や木製遊具などがあるので、歩いて行ってきました。

明石公園内の道

明石公園と言っても昔は明石城だったのもあり、公園内は木が生い茂っている場所もあります。

 

明石公園の桜堀

「子どもの村」に向かう道中、桜堀の紅葉がとても綺麗でしたよ。池に見えますが堀です。

 

明石公園「子どもの村」看板

テニスコートを越えるとあと少しで「子どもの村」の看板が見えてきます。徒歩15分ほど歩きます。公園内は広いですね。

  • バーベキュー禁止
  • 花火・火気の使用禁止

 

明石公園「子どもの村」木製遊具滑り台

いきなり目の前に木製の遊具が!2階建てになっていて上から長い滑り台になっています。

 

明石公園「子どもの村」木製遊具

とても綺麗でリニューアルしたような感じですね。木に網が付いて上りやすくなっています。

すぐ横には縄を上ったり下りたりもできます。アスレチック風になっています。

 

明石公園「子どもの村」木製遊具滑り台

反対側には階段があるので、小さな子供でも安全です。

 

明石公園「子どもの村」木製遊具滑り台で遊ぶ娘

滑り台は2階からすべ下りるので加速が結構つきます。左右にガードが付いているので安全ですよ。

 

明石公園「子どもの村」キリンのブランコ

キリンの形をしたブランコがあります。ボールの上に座り親が揺らします。前後だけではなく左右にも揺れるので楽しいですよ。左右に2つあります。

途中、キリンの柱にぶつかりそうになるので注意。

 

明石公園「子どもの村」ロングスライダー(長い滑り台)

一番人気はロングスライダー(長い滑り台)。左右に2箇所あります。ローラー滑り台ではないので、滑らかに加速します。これも左右にガードがついていて安全です。

 

明石公園「子どもの村」ロングスライダー(長い滑り台)を上から撮影

手前の方はやや短めの滑り台ですが、そのまま下に滑り降りるので結構加速が付きます。

 

明石公園「子どもの村」ロングスライダー(長い滑り台)を滑り降りる娘

奥にある距離が長い滑り台を滑り降りる娘。

 

明石公園「子どもの村」ロングスライダー(長い滑り台)上から撮影

上から見るとまるで山から滑り降りるように見えますね。途中で曲がっているところで、スピードが落ちます。

その他、動物の乗り物が4つありました。

 

スポンサーリンク

まとめ

明石公園の巽櫓

明石公園の行き方(アクセス)や4つの広場とその中の最もオススメする「子どもの村」の遊具をご紹介しました。

「子どもの村」までは少し距離がありますが、自然や城跡を見られるので楽しみながら移動できました。

子供の遊び場、遊具を中心に見てきましたが、ここは明石城があるので親子で楽しめますよ。他にも碑がいくつかります。歴史を感じさせられるのでぜひ行ってみて下さい。

写真は右側の「巽櫓」横から撮影。帰りに天守台も見てきました。見晴らしがよくて、昔はここから海が見えていたのでしょうね。

【関連】神戸総合運動公園のアクセス・駐車場、「冒険のくに」の遊具で遊んできたよ

【関連】大阪から行ける子供向けの大型遊具公園&広場10箇所以上まとめ

【関連】[関西]雨でもOK!子供&赤ちゃんと楽しめる室内遊び場20以上

【関連】関西(大阪)で子供がお仕事体験できるエリア3つ。キッザニア等

【関連】大阪(関西)発、おすすめ家族旅行プラン8つまとめ

スポンサーリンク

-兵庫・神戸のお出かけ, 子供とお出かけ, 関西のお出かけ
-,

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でおにぎりフェイスを

Copyright© おにぎりフェイス.com , 2017 AllRights Reserved.